太陽光発電への取り組みと今後の課題!

再生可能エネルギーとは?長所と今後の課題について

太陽光発電への取り組み

福島第一原発の事故以来、日本の太陽光発電への取り組みはかなり進んできており、一般家庭の屋根にもソーラーパネルを設置するなど広範囲に普及し始めています。

日本各地の遊休地にソーラーパネルを敷き詰める「ソーラーパネル事業」の取り組みが、全国的に広がってもいます。

太陽光発電は温室効果ガスを排出せず、発電時に騒音や振動が発生しない、地球に優しいクリーンな再生可能エネルギーです。

ソーラーパネルの導入には高額な初期費用がかかりますけど、技術の開発が進んでおり、低コストで開発できるようになってきています。普及が進めば進むほど、ソーラーパネルの導入費用は安くなっていくでしょう。

太陽光発電に対する国の支援

太陽光発電を導入する企業や個人へ向けて、国や地方自治体は補助金を出していました。現在は、太陽光発電の普及当初と比べて設置費用が安くなってきていることから、補助金が打ち切られはじめています。しかし、まだ補助を続けている都道府県や市町村もありますから、太陽光発電の導入をご検討の際には問い合わせてみてください。

現在は、発電した電力を一定の価格で買取る「FIT制度」が注目されています。FIT制度は「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」で、電力会社に発電した電気を固定価格で買取ることを義務づけた制度です。

2012年の7月にはじまったFIT制度によって、発電にかかるコストの回収の見通しが立つと言われています。ただし、この買取制度は全量買取ではなく、家庭で使用して余った分の“余剰電力”を買取るというものです。また、買取にかかる費用が電気料金に上乗せされるということで、見直しが迫られています。

太陽光発電の課題

太陽光発電の普及は進んでいますが、天候や日照条件などによって出力が不安定であること、台風や集中豪雨などによってソーラーパネルが不具合を起すことなどが、今後の課題とされています。

過酷な環境にあるソーラーパネルは、しだいに劣化していきます。ソーラーパネルが安定した稼働を続けるためには、定期的なメンテナンスが必要になります。

台風や集中豪雨などを避けることはできませんが、メンテナンスをしっかり行うことでソーラーパネルを長く使い続けることができるのではないでしょうか。