太陽光発電の「余剰買取制度」と「全量買取制度」で、どちらがお得!?

再生可能エネルギーとは?長所と今後の課題について

太陽光発電の「余剰買取制度」と「全量買取制度」

FITという再生可能エネルギーの固定価格買取制度が2012年の7月からはじまりましたが、ご自宅の屋根にそれ以前にソーラーパネルを設置していた人は、「余剰買取制度」が適用されています。

余剰買取制度とは、ソーラーパネルで発電した電気を自宅で使った残りを電力会社に買い取ってもらう制度です。

「余剰買取制度」と「全量買取制度」の違いですが、ソーラーパネルの設置容量が10kw以下かそれ以上かで分かれます。

設置容量が10kw以下の場合は「余剰買取制度」を選択することになりますが、10kwを超えると「全量買取制度」または「余剰買取制度」となります。

10kw以下の太陽光発電は「住宅用」とされ、10kw以上の太陽光発電の方は「産業用」とされます。ただし、設置容量の違いなので、ご自宅で利用する場合でも、10kwを超えれば「産業用」となり、企業利用であったとしても、10kwを下回れば「住宅用」ということになります。

「余剰買取制度」と「全量買取制度」の違い

余剰買取制度は余った電気だけ買い取ってもらう方式ですが、全量買取制度の方は、すべての電気を売るというものです。必要な電気については、電力会社に料金を支払って使用します。

売電価格と支払い価格は異なりますから、売電価格が高い場合は、「全量買取制度」の方が電力収入は多くなります。

また、10kw以上の設置容量となれば、ソーラーパネルの量もそれなりの規模になりますから、導入するにあたって国や自治体の税制優遇が受けられるでしょう。

「余剰買取制度」と「全量買取制度」で、どちらが得か?

設置容量が10kwを超える場合は、「余剰買取制度」と「全量買取制度」のどちらかを選択できます。一般家庭の場合は、10kwを超える例は少ないと思われますから、「余剰買取制度」になるでしょう。

どちらを選択した方がよいかですが、売電価格が高い場合は「全量買取制度」の方が得と言うことができますが、売電価格は年々下っています。

それと、電力の自由化で支払い価格を下げることが可能になっていますから、売電価格と支払い価格の料金差によっては「余剰買取制度」を選んだ方がお得な場合もありそうです。

「余剰買取制度」と「全量買取制度」でどちらを選ぶかは、売電価格と支払い価格の比較、国や自治体の税制優遇がどれぐらいあるかで違ってきますから、よく比較した上で導入されてください。