バイオマス発電への取り組みと今後の課題!

再生可能エネルギーとは?長所と今後の課題について

バイオマス発電への取り組み

バイオ燃料は、家畜の排泄物や食品廃棄物、捨てる木材、汚泥のような捨てるものから取ることが可能です。

地方自治体が焼却施設で生ゴミを処理していますが、燃やす際に熱を発生します。バイオマス発電は、その熱を利用することができるのです。

すでに、全国の焼却施設のいくつかに発電設備が導入されており、バイオマス発電として利用されています。

バイオマス発電は、バイオ燃料を燃やしたエネルギーでタービンを回して発電を行います。

この方法は、CO2を排出しないというだけでなく、資源の有効活用にもつながるでしょう。

バイオマス発電に必要な機器

わかりやすく説明するために「バイオ燃料を燃やす」と書きましたが、もちろん燃やすだけでは発電されません。

また、バイオ燃料にも種類があり、家畜の排泄物、食品廃棄物、捨てる木材、汚泥では発電方法が違ってきます。

バイオ燃料を燃やすには、燃料を直接燃やすのでなく、ガス化してから発電につなげる「熱分解ガス化方式」や、生物化学的に発酵させて作ったバイオガスを利用して発電する「生物化学的ガス化方式」などの方法に分かれます。

一番簡単なのは直接燃やす方法ですが、木くずや可燃ゴミなどの燃えやすいものに限定されます。

バイオマス発電の課題

現在、都市部では、下水処理をする際に発生する汚泥からバイオマス発電をする試みがなされています。

また地方では、家畜の排泄物からガスを発生させて、バイオマス発電するプロジェクトが始まっています。

資源の有効活用という意味では、非常にエコ的な取り組みとなりますけど、電力にするにはそれだけ多くのバイオ燃料を必要とします。

ゴミを燃やすために燃料代がかかりますし、ゴミを燃やした後には煙や有害物質が出るかもしれません。

なによりバイオマス発電をするためにゴミを探すのはエコではなく、本末転倒となってしまいます。

バイオマス発電とは、太陽光発電とか風力発電のついでに行うべきものなのではないでしょうか。